化粧品を輸入して日本で販売する方法

化粧品輸入して日本で販売するために必要な許可

最近「海外の化粧品を輸入して日本で販売したい」という方が多くいらっしゃいます。海外の化粧品には素晴らしい商品も多く、そういう商品を日本で販売することは素晴らしい商品が日本に流通るわけですから、日本人がその素晴らしさを享受できるわけであり、どんどん行ってもらいたいと思います。

ただし、何の許可もなく自由に海外の化粧品を輸入して販売できるかと言うと、そうではありません。もし、何の許可もなく化粧品を輸入しようとすると、おそらく税関で突然止まることがあります。そして、そもそも無許可での販売を行うと法律違反となります。

では、何の許可が必要なのでしょうか?答えは「化粧品製造販売業」と「化粧品製造業」の2つの許可です。ここで疑問を感じた方が多いのではないでしょうか?「化粧品製造業」の許可?ですね!

「そもそも輸入化粧品は日本で製造するのではなく海外で製造するので、日本では化粧品製造業の許可は必要ないでしょ?」こういう声が多く聞こえてきそうです。しかし必要なのです。

なぜでしょうか?実は海外で製造した化粧品は、そのまま日本で販売は出来ません。日本語用の法律で定められたラベルを貼り付けなければならないのです。この「ラベルの貼り付け」という作業が「製造」にあたるわけです。ですから化粧品製造業の許可が必要なわけですね。

ただ、ならば海外で日本語ラベルを貼ってきてから輸入する場合は、日本ではラベル貼り付けの作業がないので化粧品製造業の許可が不要だと思う方もいらっしゃるかと思います。しかし、それでも許可は必要です。ここから少し難しくなるのですが、出荷判定という作業をする前の化粧品は化粧品製造業の許可を取得している会社しか保管が出来ないのです。

結論として、輸入の化粧品を販売する場合には「化粧品製造販売業」と「化粧品製造業」の2つの許可が必要となります。ただこれは1社ですべてを行う場合です。例えば、化粧品製造業は取得せず、すでに取得している会社にラベルの貼り付けや保管をお願いする場合は「化粧品製造販売業」の許可のみでも輸入販売は可能です。

 

化粧品・医薬部外品許可申請サポート事務所業務対応エリア

兵庫県全域はもちろん、全国で対応いたします。神戸市中央区、神戸市垂水区、神戸市須磨 区、神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市西区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市北区、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、明石市、加古川市、姫路市、たつの市、相生市、赤穂市、淡路市、洲本市などから大阪府大阪市、大阪府堺市、大阪府八尾市、大阪府高槻市、大阪府豊中市、大阪府吹田市、大阪府茨木市から大阪府全域、京都府全域、滋賀県全域、和歌山県全域、奈良県全域、徳島県全域、香川県全域、愛媛県全域、高知県全域の四国、東海地域、北陸地域)まで対応可能!詳しくはお問合せください

化粧品・医薬部外品許可申請サポート事務所 の業務案内・料金についてはこちらをクリックしてください。

※行政書士法により、行政書士には守秘義務が課せられております。正当な理由なく、お客様の秘密を漏らすことはございませんので、安心してご相談、ご依頼ください