不倫をやめさせるには

 パートナーが不倫をしていた場合、あなたならどうしますか?もちろん、不倫は離婚原因となりますから、離婚届をパートナーに突きつけるというのも選択肢の一つになるかもしれません。しかし、離婚は大変なエネルギーを必要とし必ずしも正しい選択肢とも限りません。そこで、まずは不倫をやめさせて今までのような生活に戻すことを考えてみてはいかがでしょうか?

まずは・・・

 不倫をしていると分かった場合、当然ですかまずはパートナーに不倫をやめるように伝え、話し合いの上やめさせる、これが一番良い方法です。ただ、話し合いとなるとどうしても感情的になり、うまく相手に気持ちを伝えることができない場合もあります。そうならないために前もって、どのような内容をどのような順番で話すかなどメモしておき、それから話し合うというのもひとつの手段です。また、手紙を書き、それを相手にわたすと言うのも良いかもしれません。また、2人で話し合うと感情的になりどうしても難しいという場合は、第三者を入れて話し合うようにしましょう。第三者が入ることで意外と話し合いがスムーズにいきます。
 ただ、いままで一緒に生活をしお互い知り尽くしたパートナーですから、パートナーに不倫をやめるように伝えることはそれほど難しいものではありません しかしこれが、不倫相手に伝えるとなると非常に難しくなりますよね。なによりほとんどの場合がはじめて話す相手なのですから、相当の勇気も必要でしょう。ですから、パートナーと話し合う以上にうまく相手に気持ちを伝えることができなくなります。そうならないために、前述しましたように話す内容をメモしてから話し合いに望むようにしましょう。そして、できれば第三者を間に入れるほうが冷静に話し合いができます。極力、一対一で話し合うのは避けて、第三者を間に入れて話し合うようにしましょう。
 そして、話し合いをし、相手が不倫を認め「やめる」と言った場合は、かならず、書面を作成し、署名してもらいましょう!これが後々の証拠となりますし、トラブルを避けることもあります。

不倫相手に強く伝えたい・・・

 話し合いができても不倫が続くと言う場合もあります。再度、パートナーに強くやめるように伝えることも必要ですが、不倫相手にも厳しく不倫をやめさせるように伝える必要もあります。その場合、内容証明郵便を使って法的な文章を送り不倫相手に通知すると言う方法があります。内容証明郵便は後々の証拠となる手紙です。万が一、訴訟になったりその他トラブルになったときに、役に立ちます。また、内容証明郵便は通常の手紙とは違い心理的な圧迫を相手に与えることができます。そういう意味で強く相手に気持ちを伝える時には有効な場合があります。
 
 ただし、証拠となる手紙ですから反対に不利な証拠にもなり得ます。内容には十分注意して書くようにしましょう。できれば専門家に依頼するほうが安心です。   

   

   

   

神戸離婚サポート事務所の業務対応エリア

兵庫県全域で対応いたします。神戸市中央区、神戸市垂水区、神戸市須磨 区、神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市西区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市北区、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、明石市、加古川市、姫路市、たつ の市、相生市、赤穂市、淡路市洲本市など。尚、神戸市内および芦屋市、明石市は出張料無料で出張い たします!!

その他の地域(大阪府、京都府、滋賀県、和歌山県、奈良県などの近畿圏から岩手県、青森県、秋田県、宮城県、山 形県などの東北地方、北海道まで対応可能ですが、詳しくはお問合せください

神戸離婚サポート事務所の業務案内・料金についてはこちらをクリックしてください。

※行政書士法により、行政書士には守秘義務が課せられております。正当な理由なく、お客様の秘密を漏らすことはございませんので、安心してご相談、 ご依頼ください