不倫を原因とする離婚について

 不倫から離婚へとなってしまう場合も少なくありません。しかし性格の不一致などの離婚とは違い、不倫を原因とする離婚の場合は注意をしなければならないことがあります。

不倫を原因とする離婚で注意する点1

 不倫が原因で離婚する場合、不倫をされたほうからの離婚請求は問題なく可能です。しかし、不倫をしたほうからの離婚請求はどうでしょうか?これは現在の判例から判断すると原則不可です。つまり、不倫をした方(有責配偶者)からの離婚請求は原則認められないということになっています
 しかし、以下の一定の条件に該当する場合は、有責配偶者からの離婚請求を可能にしています。
①夫婦の別居が両当事者の年齢および同居期間との対比において相当の長期間におよぶ
②未成熟の子がいないこと
③相手方配偶者が離婚により精神的・社会的・経済的に極めて苛酷な状態におかれる等離婚請求を認容することが著しく社会正義に反すると言えるような特段の事情がない
 このように、不倫をすると離婚請求が出来なくなる可能性が大きくなります。不倫には十分気をつけましょう。

不倫を原因とする離婚で注意する点2

 もうひとつ不倫を原因で離婚する場合に注意する点としては、慰謝料です。不倫をされた側は精神的な損害を被っていますので、慰謝料の請求をすることが可能です。精神的な損害はお金で解決できるものではないと言われるかもしれませんが・・・。

神戸離婚サポート事務所の業務対応エリア

兵庫県全域で対応いたします。神戸市中央区、神戸市垂水区、神戸市須磨 区、神戸市東灘区、神戸市灘区、神戸市西区、神戸市兵庫区、神戸市長田区、神戸市北区、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、明石市、加古川市、姫路市、たつ の市、相生市、赤穂市、淡路市洲本市など。尚、神戸市内および芦屋市、明石市は出張料無料で出張い たします!!

その他の地域(大阪府、京都府、滋賀県、和歌山県、奈良県などの近畿圏から岩手県、青森県、秋田県、宮城県、山 形県などの東北地方、北海道まで対応可能ですが、詳しくはお問合せください

神戸離婚サポート事務所の業務案内・料金についてはこちらをクリックしてください。

※行政書士法により、行政書士には守秘義務が課せられております。正当な理由なく、お客様の秘密を漏らすことはございませんので、安心してご相談、 ご依頼ください