料金について

まずは、当事務所まで!

 私は、化粧品製造販売業および製造業の会社を経営しておりました。そのため、許可を取得するだけではなく、取得後の様々な疑問点なども、ご相談にお乗りしております。
 せっかく取得した許可でも、その後の定められた又は約束した運営を行っていない時には、場合によっては厳しい処分が待っている・・・ということもあります。

例えば化粧品であれば
・最初に定めた手順書に従い、記録書類を作成し保管しているか?
・販売するための商品ごとの届出は行っているか?
・申請時から変更があった場合に変更届書は提出しているかどうか?
・化粧品の表示ラベルの内容に抜け漏れ間違いがないか?
・日本で禁止されている成分が配合されていないか?
・広告表現で禁止されている又は不適切なものになっていないか?
・製造所は適正に製造を行っているか?
・製造記録や試験検査記録は適正に作成保管されているか?

医薬品店舗販売業であれば
・薬剤師や登録販売者が減った、増えた場合に期限内に変更届書を提出しているか?
・医薬品の販売するリスク区分を変更する場合に期限内に変更届書を提出しているか?
・構造設備(申請時と平面図が変わった)を変更した場合に変更届書を提出しているか?

 このように許可取得以降も行わなければならないことが多く、許可を取得しても、気を緩めることは出来ません。時に分からない微妙なことも多く出てきます。その都度、何度も行政に確認し、頭を悩ませる時間は、もったいなくありませんか?

 冒頭にも書きましたように、私は化粧品製造販売業及び化粧品製造業の実務経験があります。ぜひ許可取得をお考えの方は、安心して末永く化粧品ビジネスを行うために、許可取得後の運営アドバイスまでできる弊所へお任せください。
 また、行政書士は「許可」後の様々な行政への手続きを代理として行える国家資格です。アドバイスのみならず、お客様の代理として各種手続きまでワンストップで任せられます。
 ちなみに弊所は許可申請だけが業務ではありません。契約書・合意書・念書・示談書などの各種の法的書類作成も専門業務です。ビジネスをしていると、このような法的書類が多々必要となります。これについても弊所ではアドバイスから作成まで行えます。

料金について

 弊所は、お客様の初期費用をなるべく抑えられるようにお安い費用で丁寧にサポートしております。対応エリアも、近畿圏から、その他の全国の都道府県の許可申請にも対応できます。

(実績として、近畿地方、九州地方(沖縄含む)、東海地方、関東地方など多数あります)

化粧品製造販売業許可申請 143,000円(税込)~
化粧品製造業許可申請 110,000円(税込)~
化粧品製造販売業許可更新申請 お問い合わせください。無料お見積もりを致します。
化粧品製造業許可更新申請 お問い合わせください。無料お見積もりを致します。
医薬部外品製造販売業許可申請 165,000円(税込)~
医薬部外品製造業許可申請 132,000円(税込)~
医薬部外品製造販売業許可更新申請 お問い合わせください。無料お見積もりを致します。
医薬部外品製造業許可更新申請 お問い合わせください。無料お見積もりを致します。
医薬品販売業許可(卸売業許可) 165,000円(税込)~
医薬品店舗販売業許可申請(医薬品ネット販売、店舗での販売) 198,000(税込)~
高度管理医療機器販売・貸与業許可申請 110,000円(税込)~

※海外から化粧品を輸入して販売する場合は、製造販売業と製造業の2つの許可が必要です。

※実費(証紙代など)は別途です。

薬事コンサル行政書士事務所業務対応エリア

全国で対応いたします。
兵庫県神戸市、兵庫県芦屋市、兵庫県西宮市、兵庫県尼崎市、兵庫県伊丹市、兵庫県明石市、兵庫県加古川市、兵庫県姫路市、兵庫県豊岡市、兵庫県和田山市、兵庫県淡路市、兵庫県洲本市など兵庫県全域。
大阪府大阪市、大阪府堺市、大阪府八尾市、大阪府高槻市、大阪府豊中市、大阪府吹田市、大阪府茨木市から大阪府全域。
京都府京都市、京都府全域、滋賀県、和歌山県、奈良県などの近畿圏から、香川県や広島県などの中国・四国地方、愛知県や石川県などの東海・北陸地方、東京都などの関東地方、宮城県などの東北地方、福岡県、沖縄県などの九州・沖縄地方まで全国対応可能!

詳しくはお問合せください

薬事コンサル行政書士事務所 の業務案内・料金についてはこちらをクリックしてください。

※行政書士法により、行政書士には守秘義務が課せられております。正当な理由なく、お客様の秘密を漏らすことはございませんので、安心してご相談、 ご依頼ください