井原総合法務事務所

〒650-0022
神戸市中央区元町通4丁目6番21号
ジュネスビル3-2号室
TEL : 078-361-1801
FAX : 078-361-1802

ホームページはこちら

アーカイブ

  • 186月

    折り紙というのは、手先が器用ではなければ作られません。

    しかし日本人のほとんどは折り紙で鶴を折ることが出来ます。これは、世界的にみると非常に特化した特徴であると思われます。

    小さな町工場で、機械を使わず数ミリ以下の誤差しか出さずに作ることが出来る技術者もいます。

    資源のない日本ですから、ぜひこの様な技術で世界の競争に勝ち進まなければならないと思います。政治家の皆さん!お願いします!

    さて、昨日も友人と飲みに行ってきました^^そこで、ある方が小さな紙で鶴を折っていました。日本では当然のようですが、もし海外でその方がさっと鶴を折れば、注目を集めるような気がします^^

    Posted by ihara @ 10:35 AM



コメントをどうぞ

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.