井原総合法務事務所

〒650-0022
神戸市中央区元町通4丁目6番21号
ジュネスビル3-2号室
TEL : 078-361-1801
FAX : 078-361-1802

ホームページはこちら

  • 301月

    今日は、暖かかったです!

    なんか春が一歩一歩近づいてきているようで、気持ちがいいですね!

    といっても三寒四温というように、まだまだ寒いときもあるようです。
    インフルエンザも流行っているようですから、皆様、体調には気をつけてくださいね!

    あっ、そういえば、そろそろプロ野球のキャンプが始まりますね。
    今年の阪神はどうなのでしょう?
    昨年のような結果にならないように頑張ってほしいですね。
    昨年は一回も観戦に行けなかったので、今年こそは一回は観戦に行こうと思います。

  • 301月

    最近、ニュースで以前、複数の女性と不倫を、結果離婚へとなってしまったタイガーウッズが、前妻とよりを戻すかも・・・

    といったニュースが流れていました。

    しかし一方で、若い女性との交際もうわさされており真実は分かりません。
    お金があり、かっこいいタイガーウッズですから、お付き合いをしたいという女性は数多くいるのでしょう^^

    今日は、そのタイガーウッズの前妻とのよりを戻すときに交わされるであろう「婚前契約書」についてです。

    ニュースによると、万が一再婚し、再度浮気などをした場合は200億円の慰謝料を支払うという契約書を交わすのではないか言われています。

    日本では離婚をするときは、大体の方が「離婚協議書」という離婚後のお互いの金銭に関することなどの約束事を書面に残します。
    しかし、結婚前は、というと結婚後の金銭に関することや生活に関することなどの約束事は、ほとんどが口約束で書面で交わすなんてことは皆無です。
    これには様々な理由があると思いますが、「まさかこの人と結婚して生活がうまくいかないわけがない」「そんな約束事を書面で残すなんて、私(俺)の事が信用できないのか!」などの理由から作成しないのではないかと私個人は推測しています。

    しかし、近年離婚が急増し、逆に知り合いに離婚をした夫婦なんていない、なんてい言う方の方が少なくなっている状況です。
    そして離婚するときに初めて「結婚前は、こんなはずではなかった・・・」「こんなことで揉めるなんて」「最初から分かっていたら・・・」なんて思うわけです。

    離婚は大変なエネルギーを消費します。そして、次の再婚を考えると、またさらにエネルギーがいるでしょう!

    だったら、結婚前に一度冷静にお互いの結婚生活の約束事を話し合ってみては如何でしょうか?
    もちろん、そんなことを相手に言ったら、関係が悪くなり結婚自体がなくなるかもしれない・・・と心配されるかも分かりませんが、もしそうなら、それまでの関係だったということになります。前もって気付いて良かった、と思うべきなのです。

    この結婚前の冷静なお互いの結婚生活のイメージトレーニングは、やっておいて損はありません。
    ただ2人だけで話し合うと、どうしても相手の気持ちを損ないたくないという気持ちで、相手が嫌がることは話そうとしません。
    これではいくら結婚前に話し合いをしても意味がありません。

    もし離婚なんて縁のない幸せな夫婦を関係を気付きたいのであれば、是非、第3者の専門家を交えて話し合いをしてみてください。

    相手の意外な一面が見えたり、結婚前の愛し合っている時期だからこそ話し合えることも出てきます。

    もともと他人なのですから価値観や性格がピッタリ一致するなんてありません。
    結婚生活は、夢のない冷たい言い方ですが、どこまで妥協するか・・・です。これを決める一番良い時期は愛し合っている結婚前です。

    ぜひ一度、当事務所へご相談ください。
    お客様の幸せな結婚生活が永遠に続くように精一杯結婚をサポートさせて頂きます。

  • 231月

    当事務所は、化粧品などの薬事に関する許可を前面に出して業務を行っておりますが、表題にありますように、建設業の新規許可申請や更新経営審査産業廃棄物の収集運搬業の許可申請を数多く承っております。

    当事務所の特徴としては、なるべくお客様の手間をなくすように、そしてこの不況の中少しでもお安く許可申請を代行し、お客様の経済的な負担を軽減する努力を行っております。

    見積もりは無料で行っておりますので、ぜひ見積もりだけでもお気軽にお問い合わせいただけれればと思います。

    よろしくお願い致します。

  • 191月

    昨今、化粧品、特にネイル(ジェルネイル)が大変流行しています。

    先日は、会社を転職した女性にお話をお聞きすることがあり、その転職の理由を聞くと、今までの会社(飲食関係)はネイルが禁止されており、どうしてもネイルがしたく転職をしたと言っていました。
    転職理由の是非は別として、それほど女性はネイルに興味を持っているということが良く分かります。

    芸能人のブログなどを見ても、良く「こんなネイルにしてみました!」なんて写真を載せていますよね!

    さてこのネイルなのですが、マーケットは伸びているようで、商売を始められる方は増えています。
    しかし、一つ気を付けて頂きたいことがあります。

    それはネイルは日本では「化粧品」に該当し、誰もが勝手に製造販売できるわけではありません。

    化粧品を輸入して販売や、オリジナルの化粧品を販売するには許可が必要です。
    最近、無許可で営業をし、薬事法違反により指導を受けたり処分を受けたりする事例が多くあります。

    「知らなかった」では済まされません。
    行政から指導や処分を受ける前に、許可を取得しましょう!

    この許可は、ある程度の法律知識がないと難しい許可です。
    もしお困りなら、当事務所までご連絡ください。

    化粧品の許可取得をお考えの方はこちらまで

  • 071月

    明けましておめでとうございます。
    本年も、井原総合法務事務所をよろしくお願い致します。

    今年は、本日から仕事始めの所が多く、非常に長いお正月休みではなかったでしょうか?
    皆様はどのようにお過ごしだったでしょうか?

    年末は、雨や雪が降り、うっとうしい日々が続きましたが、正月からは寒さは厳しかったですが天候は穏やかで新年にふさわしい天気となりました。
    皆様の今年1年もお正月の天気のように穏やかな1年でありますことをお祈り申し上げます。

    さて、お正月のニュースの中で驚いたのは、元フジテレビアナウンサーのチノパンこと千野志麻さん(容疑者)の死亡事故です。
    有名人の死亡事故自体驚きなのですが、事故の起こした場所が驚きです。
    駐車場での事故とのこと。被害者に乗り上げたことによる死亡の様ですが、どうしてそうなってしまったのか・・・

    私も車を良く運転するので、他人事ではありません。
    駐車場は安全そうですが、通常の道路と違い、車の陰で死角も多く、信号もなければ横断歩道もないのが普通であり無秩序な場所な為、逆に通常の道路より危険だということを改めて思い知らされた事故でした。

    皆様も、駐車場に入った途端、気が緩みがちですが、逆に気を引き締めて注意力を最大にして運転するようにしましょう。